ネットショップ,ヒラマサ,マグロ,GT,オフショアキャスティング,遠征,オフショアジギング,GTキャスティング,GTフィッシング,GTポッパー,ペンシル,カーペンター,マッドキャップブロス,貝田ルアー,山際疑似餌工務店,ローカルスタンダード,ジギング用品,キャスティング用品通販,ジギング用品通販,オフショアゲーム,ソルトウォーター専門,マグロルアー,釣り,フィッシングRipple Fisher
ツララ TULALA 怪魚 アカメ ロッド 通販 ルアーショップ ウルア 大阪 池田
ホーム | 怪魚ロッド > TULALA (ツララ)TULALA ツララ バリトーノ 93
商品詳細

TULALA ツララ バリトーノ 93

販売価格: 50,380円 (税込)
[在庫わずか]
希望小売価格: 50,380円
9.3ft:

Baritono=バリトーノ。音楽用語で低音域のパート。高音域から女性ならソプラノ、アルト、男性はテノール(テナー)、バリトン、バスなど、低音へ行くに従ってパート音域の区分名称が変化するが、このうちのバリトン域を指す。名称は通常のシーバスロッドがテノール、オフショアロッドがバス(basso)として、その中間帯に位置するロッド、というイメージから。

遠征で、小さなシーバスルアーからビッグベイトまでを存分にキャストでき、かつ7kgのリフティングを可能にしたパワフルなアカメ/シーバス用のロッド。

一般的なアカメロッドはヘヴィーすぎて、練習を必要とします。このため、たまに行く程度の遠征においては、なかなか使いこなすことができず、かえって狙いの貴重な一尾を逃しかねませんでした。

また、シーバスロッドにおいて、そのままのフィーリングでビッグベイトをキャストできる スムーズなロッドがありませんでした。バリトーノ93はこれらの要望を満たすために設計された、旧素材ブランクのロッドです。

クラシックな曲がりと丈夫さで、キャスト時やファイト時の安心感を補い、最新のパーツにより重みを軽減しております。特殊な新素材を一切廃し、手指の筋肉の延長を目指しました。単純に強い引きや重いキャストに耐えるためなら、 ただ強い竿で十分です。また、キャストフィールだけを優先させるなら、 従来のシーバスロッドのほうがよいでしょう。

しかしながら、遠征という長時間の広大なエリア攻略や、想像を超える巨大な魚がいるエリアでは、 これらでは手にできない一尾のほうが多くなります。単純に、日本全国を見渡して、 たくさんの巨大魚と出会える確率を高めるための真ん中、どストレートに位置するロッドがバリトーノ93となるように。

TULALAはその一点を突き詰めて製作しました。ツララ バリトーノ93 TULALA バランス9ftからのロングロッドとなると、ショートロッドとの比較では、やはり重心のバランスがリールシートの先へと移行してしまいます。かといってバランサー等を入れたとしてもそれほど変わりません。

このため、テーパーをやや後方へ太くし、ピースセクションをワン&ハーフにすることで重心がある程度手元へ来る設計にしました。バットパワーとの兼ね合いでグリップセクション側を厚くしたこともあってか、多少のバランス解消のつもりが、想像以上に長時間釣行での負担が軽くなっております。

★「許された期間の非日常」を最大限楽しむために(文/小川健太郎)

強い魚に出会っても、なんとかできる、ということ。この一点は遠征ロッドに非常に重要な部分と言えます。 世の中にはヘヴィーロッドがたくさんあり、どれもがその条件を満たしていると思います。 ただ、長時間振り回し、小さくてもいいからあの魚を釣りたい、という願いには、到底難しいものばかりでした。

一方ライトなタックルにして万が一大きい魚が掛かってしまった場合も同様です。ただ確率の問題で見れば、小さい魚のほうがよく出会うことができます。 一方、極端に大きい魚は道具に慣れていなければ、どんな強靭なタックルでもほとんど獲れません。そこそこの大きさまでを確実に獲るための竿、となると、 全然見当たらないのが現状でした。

この遠征用の竿を作るにあたり、『普段のシーバスロッドの延長で一番強いもの』であるほうが、 特殊なアカメロッドやGTロッドよりも多くの人に向いている、という意識がありました。背伸びせず、自身のチカラを最大限に活かすこと。 これが遠征での確実な一尾をもたらす方法です。

もちろん非日常ですから、背伸びをして無理な道具でも、いつもの道具で敵わない魚ばかりだった、 という旅でも構いません。このバリトーノ93は、「許されたわずかな休暇期間の旅を後悔してほしくない」というための、シンプルなTULALAコンセプトです。すでに強い竿をお持ちの方は予備のロッドに。シーバスロッドだけをお持ちの方は遠征のメインロッドに。 PE3号を活かすためのセッティング。

多くの人が1日振り続けることを考えると、リールのサイズが4000〜5000番がMaxサイズとなります。また、ウェーディング時の根掛かりや想定外の出来事で、『とっさに切らなければ命に関わる場合』を考えるとPE3号がベストなラインと言えます。ビッグベイトから7cmミノーといった、サイズがバラバラなルアーに対しての飛距離を考えても、このあたりの太さのラインがベストだということで、バリトーノ93ではPE3号のセッティングを追究しました。

7kgをリフトするバットパワー

現在販売されているスピニングリールの中で4000〜5000番を想定すると、最大ドラグ力はおよそ7kgです。これはカタログ表記であり、当社の実測値で7kg出せた試しがありませんが多くの人は7kgを意識、または期待しているのも事実です。そこで、バットのセッティングは7kg以上がリフト出来る設計としました。旧素材では当然なので、特にメーカーとして自慢できることではありませんが、満たしている、という部分だけです。

バリトーノ93 -スペック-
【長さ】9.3ft 【テーパー】レギュラーテーパー  【ライン】PE 2〜4号/フロロ・ナイロン 12〜20Lb
【ルアー】10g〜120g 【対象魚】2〜25Kgの魚

※ライトに挑むアカメやビッグベイトでのシーバスの対象魚をお考えの皆様へ向けた、使いやすいロッドです。
※テストおよびコンセプトセッティングは、高知の地元アングラー間で2シーズン行っていただきました。
TULALA Baritono 93
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス